トップページ>真鶴を旅する>岬エリア>

 
 戦前日本を代表する歌人、与謝野晶子が「わが立てる 真鶴崎が 二つにす 相模の海と 伊豆の白波」と詠んだ真鶴岬の先端は、展望広場が整備されており、空気の澄んだ天気の良い日には、三ツ石の向こうに広がる相模湾の大海原のさらに向こうの水平線近くに、眼前には大島、右手に初島、利島、式根島、左手に房総半島(館山、鋸山)、三浦半島などを一望できるダイナミックな光景が広がります。
 真鶴半島先端の景勝地三ツ石は、初日の出のスポットとして広く知られ、岩の間からご来光を拝むことのできる、近くの番場浦海岸は、例年元日には多くの見物客やカメラマンでにぎわいます。
 
・動画−「真鶴岬三ツ石」(WMV1.65MB/1分00秒)
※動画ファイルは音声付きですので、再生の前に周囲の環境にご配慮ください。なお、一部のパソコンでは再生できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
交通:東海道線真鶴駅より真鶴岬方面行バス ケープ真鶴下車
住所:〒259-0201 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴地内
駐車場:(ケープ真鶴駐車場)無料、ただし夏季(7月17日〜8月31日)は500円

より大きな地図で 真鶴マップ を表示
  
お林・魚つき保安林真鶴岬三ツ石番場浦海岸中川一政美術館ケープ真鶴遠藤貝類博物館
お林展望公園与謝野晶子歌碑中川一政復元アトリエ西部警察消防車