小早船


 東西に華を競う小早船(西・貴宮丸、東・東明丸)は、貴船まつりのシンボルです。
 毎年、7月上旬の大安日から組み立て作業が始まりますが、屋形を組み立てる順序や、造花や提灯などの装飾の方法は、非常に難易度が高く、一つひとつ口伝により後継者に承継し、維持されてきているものです。なお、東西2隻の小早船のうち、貴宮丸の屋形部分は弘化2年(1845年)に造られた歴史ある大変貴重なものです。

 さて、小早船は海上渡御の途上、船体を大きく左右に揺さぶり、観客から歓声が巻き起こりますが、これが可能であるのも船の安全性の保持、あるいは操船の方法等、古くからの伝統が守られている証です。
 
 海上渡御の際、舳には、陣笠、袴姿に脇差をさし、監視の役割をする「舳乗り」が乗船し、艫には船頭と櫂使い、水夫を乗せ、運行に万全を期します。東西2隻の櫂伝馬に曳航され、神輿船、東西囃子船を従える勇壮華麗な姿は、時代絵巻を思わせるもので、多くの観客が魅了されます。

 平成17年11月に横浜みなとみらい地区で開催された「全国豊かな海づくり大会」では、天皇皇后両陛下が西小早船・貴宮丸の海上パレードをご覧になられました。

最終更新日:2017年8月6日